志多留の米づくり

shitaru.exblog.jp
ブログトップ

実りの秋です!!ついにきました!!稲刈りです!!

こんばんわ!!そしてはじめまして!!ぴのです!!

農業の魅力を探しに9月はじめから志多留でインターンをさせてもらってます!!

今回はしげさんに代わって今月13日に行ったヒノヒカリの初稲刈りの作業
について書かせていただくことになりました!!
農業の知識が乏しい私ですが、体験を通じて感じた農業の魅力をお伝えできればと思います!!
それでは...はじまりはじまり~

作業がはじまったのは朝10時!!天気は快晴!!絶好の稲刈り日和です!!
わくわく胸を躍らせて,田んぼに向かっていざしゅつじ~ん★

f0342227_13522535.jpg
そこには金色に輝く稲穂の絨毯が広がっていました!
真っ青な空。そして小麦色の田んぼ。
このコントラストが何とも美しい!

準備もそこそこに、早速作業開始です!!
稲の根元をわしっと手で掴み、稲刈り鎌でザクッ

この感覚がなんとも楽しい...
ここでしげさんから稲の持ち方で注意されてしまいました。
稲を逆手で持っていた私に笑顔で一言。
「その持ち方だと親指を鎌ですぱんだよっ(^^)」
「...」
危ないところでした...。
農器具はよく切れるので扱いには本当に注意が必要みたいです
せっせせっせと刈って行き…
f0342227_14054673.jpg

無事一面刈り終わることができました!
ここらでちょいとお昼休憩。
f0342227_14110969.jpg
ブルシートの上で輪になって座り
真ん中に置かれたのは
新米を炊いて作ったおにぎり、卵焼き、ウインナー、そしてシシ肉のからあげ!!
どれもおいしかったなあ...
稲刈りを終え、米作りの大変さを実感した後なので、お米がとにかくおいしい(^O^)♡
お米の一粒一粒から、汗を流して作った人たちの懸命な想い、やわらかなお日様の匂い、そして雨風にも負けずたくましく育った作物自身の声が、やさしい甘みに変わって伝わってきました。

そのあと、別の田んぼの稲も刈り終え、最後に今回刈った稲を竹竿に干してゆきます。
これは天日干しという伝統的な乾燥法です。今では機械乾燥が主流になってめったに見られませんが、地方によってはこの手法を取り入れてる農家さんも結構いるのだとか。なにしろ、機械乾燥よりずっとおいしいお米ができるようです。ゆっくりと時間をかけて太陽の恵みを与えることにより、お米が十分栄養を蓄えられること。そして稲穂を下にすることで、稲中の養分をお米に送れることが天日干しの利点だそうです。

私としたことが、作業に夢中になっていて、写真を撮るのを忘れてしまいました(/_;)
干し終わって1,2週間するとこんな感じになります。


f0342227_14303277.jpg
これにて稲刈り作業終了!
初めての稲刈り体験は泥にまみれて大変でしたが、
それ以上に豊かな自然、人とのつながり、温かさ、そして収穫の喜びを感じられる
楽しいひと時でした!



投稿者 ぴの

[PR]
by hakucho_san | 2014-09-19 22:40 | 農作業