志多留の米づくり

shitaru.exblog.jp
ブログトップ

飯田さんと田んぼの稲刈り

こんにちは!ぴのです!
連続投稿失礼します!

私の農業体験学習も中盤。。。
今回はオーナー様の田んぼの横で米作りをしているという飯田さんの
田んぼにお邪魔して、脱穀のお手伝いをさせてもらいました!

いってみると、何やらみんな座って藁をいじいじ。
???
何をやっているんですか~?と覗いてみると
どうやら藁で縄をあんでいるご様子。
f0342227_15481579.jpg
これで脱穀したあとの稲わらを縛るのだそう。
すごい…!!脱穀したあとの稲わらはこういうふうにして再利用するのか!!

早速教えてもらうのですがこれがなかなか難しい!!
稲わらを二つに割いて、手のひらで稲わらを転がしながら交差させるだけねのですが、かなりコツがいるようです。
ただでさえ不器用な私。全然うまく編めませんo(TヘTo)
そんな私を見かねた飯田さん。親切にも手取り足取り教えてくださいました!!
竹とんぼを飛ばすかのように稲わらを高速回転させて編みこんでしまう飯田さん。
熟練した技術に惚れ惚れしてしまいました(*´∀`*)
f0342227_16061722.jpg
      ↑左が飯田さん。その横で必死に教わっているのが私です。

さてさて、脱穀の始まりです!
干された稲たちを、脱穀機にひたすらかけてモミを袋に詰める作業です。

稲を脱穀機まで運ぶ人、脱穀を行う人、脱穀し終えた稲わらをまとめる人
役割分担をして作業開始!

f0342227_14464749.jpg
すごい量です!一輪車を使うもフラフラ頼りない私。周りの人の声かけに励まされながら必死に運びます。
通りすがりの人なども作業に加わり、脱穀のスピードもどんどん上がります
いな通りすがりの人たちが当たり前のように手伝ってくれる
人のつながりという田舎の魅力を感じました。

f0342227_14544277.jpg
お昼にしませんかぁ?
作業も中盤に差し掛かり、お昼休憩です!
稲わらの上に腰掛けて、みんなで輪を囲みながら楽しく昼食です!
疲れてきたら休憩という農業独特のスタイル。
世間話をしながら、新米の美味しいいお米と「とんちゃん(対馬特有のB級グルメ!めっちゃおいしいです!)」をむしゃむしゃ。お米と一緒に幸せもかみしめるひと時なのでした(´∀`)♫

後半も作業を続け午後3時ころにようやく終了!
f0342227_15065820.jpg
気づけばこんなに大きな稲わらの山が出来上がっていました!!
やっと終わったという安堵感と清々しい大きな達成感。
体はくたくたなのですが、不快じゃない。むしろ心地いいのです。
新鮮な空気を吸いながらの体力仕事は、都会で行われるフィットネスのようなものといいますか。長年農業を営むじいちゃん、ばあちゃんは本当に元気!!足腰は強いし、頭の回転も本当に早いんです。なにより、80歳になって田圃を営むということ自体驚きです...!!彼らの元気の秘密おそらくこの毎日の農作業にあるようです。

笑顔でありがとうと言ってくれた飯田さんに農業の魅力を聞きました。

それは、なんといっても収穫の喜びよ。毎日毎日苦労して手をかけたコメが
立派になって育ってくれりゃあ、こんなに嬉しいことはないよ。
植物は本当に素直。手をかけた分だけ立派に育ちます。
自分の努力が目に見える形で現れるところに農業の魅力があるのでしょうね。

次は私たちのお米の番です。すごい楽しみですね!


投稿者 ぴの


[PR]
by hakucho_san | 2014-09-20 15:49