志多留の米づくり

shitaru.exblog.jp
ブログトップ

改めまして…対馬里山繋営塾です!&HP公開

ご無沙汰しております。しげです。
久々の更新です。

今年度から、オーナー制度の運営団体の名前が変わりました!
その名も…

対馬里山繋営塾(つしまさとやまけいえいじゅく)!!

対馬の里山を象徴する志多留で、環境教育的なプログラムを展開しているのですが、人々が長い間紡いできた営みを後世に繋いでゆきたいという思いを込めて「里山繋営塾(けいえいじゅく)」と名付けました。(by団長)

昔から人々は、地域にある自然を使って生活を営み、その流れの中で、田んぼ、ため池、竹林、草地、薪炭林などができてきました。そして、このような人の働きかけによって作られた地域が「里山」です。
里山では、自然の流れに人の手が加わったことで、様々な環境が生まれ、そこはたくさんの生き物が生きる場所となっています。里山には人が自然とうまく付き合うためのヒントが数多く隠されていると言えるでしょう。

世界的にみれば人口が増加している現代において、人の影響=開発として、自然破壊につながる例も多くみられますが、それは、使う量が増大したことによって、バランスが崩れてしまったから。
逆に日本では、多くの里山が人口減少によって”変化”が生じつつあります。弥生時代に農耕が本格的に開始されて以来、現代ほど、里山が樹木に覆われている時代はないでしょう。人が手を入れなくなったことによって、里山生態系のバランスは崩れ、生き物にとって住みにくい環境になっているという報告もあります。
人が自然の中で生きてきた歴史そのものといえる「里山」。
私たちは先人たちの知恵を活かし、里山で人がこれからも暮らしていけるような社会の実現を考えていきたいと思っています。

これまで通り、米作りはもちろんオーナー制度も継続していきますが、環境教育的なプログラムも随時検討中!ご期待ください♪
皆さま、今後ともよろしくお願いいたします!

対馬里山繋営塾URL→
http://www.satoyama-keieijuku.com/
f0342227_18411535.png

投稿者:しげ

[PR]
by hakucho_san | 2016-06-09 18:44 | About us